H*****さんのレビュー一覧

スパイスビーム
展開が早くて、まるでハリウッド映画のような派手さがたまらない。 ボスとタイ料理、不思議な組み合わせに引き込まれます。続きが読みたい!
モンキーピーク
パニック映画を観ているような展開のスピードです。いったいこの先どうなるんだ?ドキドキしながらチケットを使っています。 ※以前のように、レビューを書いて「いいね」をもらったらページ追加という制度はなくなったのでしょうか?ちょっと残念です。
ラブラブエイリアン
女子の本音トークのための漫画ですねぇ。宇宙人が入っていることで、ちょっとマイルドにしてありますが、女子はこんなこと考えているのかぁと勉強のなりました。
苦情課 九十九仙吉
こんな公務員がいたら、きっと住みやすい街になるんだろうなぁと思いました。ぜひ、どの市役所の公務員もこの漫画を読むべきです。
Order‐made
初めて社会人になってスーツをオーダーしたことを思い出しました。既製品とは違う、体にフィットする感じが好きでした。気に入ったスーツを身に着けると不思議と自信が満ちてきます。町の洋服屋さんに作ってもらっていました。もう廃業してしまっています。残念です。テーラーさんへの応援歌のような作品です。
永遠の青
男と女の関係って、難しい。それがやくざの世界がからむと自分の意志ではどうにもならないことがある。それを彫り物を通して切なく描いています。最後にハッピーエンドですっきりしました。
びっきの小鉄
成り上がり成功するやくざの典型のような物語です。男の成功の陰には必ずできる女がいるというセオリー通りです。見ていて安心してできます。まるで東映やくざ映画のようです。すっきりしました。
デュエット
ドキドキする展開です。次から次とスーパーマンぶりを見せられて、引き込まれてしまいます。ハリウッド映画のようなダイナミックさです。本当に映画化してほしいところです。
白竜-LEGEND-
白竜さんの「この一件、私が仕切らせて頂きます。」という決め台詞がかっこいい。自分でも使ってみたいセリフですが、なかなかそこまで切羽詰まった状況になることは現実にはないですね。やはり漫画の世界だけで楽しみます。
唐獅子教師
途中からやくざの抗争ばかりになってしまい、心配しましたが、最後はすっきり終わりました。再会できた奥さんとのことだけが気になります。
レギオン
展開が早すぎます。もう少し、お姉さんの結婚、妊娠とか両親を亡くしたこととか丁寧に描いてもらうと、もっと面白くなると思います。異星人の子供を妊娠して、その子が生まれてくるという話をもっと広げてほしいです。ストーリーは面白いです。
風呂人
いつの間にかたくましくなっている。温泉探しってロマンだったんですね。本当に日本人は温泉が好きなんだなぁと感じます。
残夢 - LABYRINTH-
ちょっとドキッとする絵が出てきますが、ラビリンスに引き込まれます。怖いもの見たさってありますよね。残夢ちゃんがかわいいだけに、逃げられません。
ハルコの晴れの日
ハルコさんのような派遣さんが来たら、職場も楽しくなりそうです。根が正直で明るいからこその恋愛下手という、男性にとってはかわいがりたい存在です。先輩との関係が最後にホッとさせてくれます。
夜のスニーカー
こういう純粋なカップルは応援したいです。最後にうまくいくとわかっていても、読んでしまいます。こんな恋愛に憧れます。
長ぐつをはかないネコ
猫を飼っていると、よくわかる内容です。そう、そうとうなづいてしまいます。もっと、もっと話を続けてほしいです。猫の毛づくろいの微妙な足の延ばし方がすごい。よく猫を見ているなぁと感心してしまいます。
青き炎 DX版
柳沢さんは心の闇を描くのがうまい。ディーノの時もそうでしたが、ちょっと怪しい主人公を応援してしまう。今回もそうです。ただ、なぜ、こんな心の闇を抱えたのか、その辺が詳しく知りたかった。最後はあっけない終わり方でした。そこが残念です。
クマトラ
神のようなマシーン、モビーディックとはよく名付けたものです。アメリカからスタートして最後は九州でエンディング、まさにハリウッド映画のような展開でした。一気に読んでしまいます。映画化しないですかねぇ。
死刑囚の遺産
フィリピーナの存在が悲しい現実を表現しています。夢のような金塊が絡んでいますが、そういう話があってもいいかな、と思ってしまいます。ずっしりと来るドラマでした。
静かなるドン
どこまで話が大きくなるんだ、と思いながら108巻を一気に読んでしまいました。下手なハリウッド映画よりもずっとおもしろい。でも、映像化はできないからこそ引き込まれるんでしょうね。作者に感謝します。すてきな作品をありがとう。
東京都北区赤羽
いつもは通り過ぎるだけの赤羽が、とても素敵な街に思えてきました。きっととなりの板橋にも同じようなドラマがあるんでしょうね。ぜひ、他の町も紹介してください。
The edge
かっこよすぎます。バブルのころのようの衣装、髪型・・・今では見られないです。このキャラでハリウッド映画になったら面白そうです。
宮本から君へ [完全版]
男の生き方の教科書みたいです。宮本みたいに熱く生きられたら、と考えてしまいます。少なくとも、好きな家族は宮本のように力強く守りたいと思いました。
今日からヒットマン
とにかくハラハラ、ドキドキ。中年男性には、こうなったら面白いなぁと思わせるヒーローぶりです。でも、ここまでの命がけって、やはり特殊能力がないとできません。
入江姉弟
素敵なお姉さんがうらやましい!こんなお姉さんがいたら、弟しては焦るよね。でも、いい方向に向かっているのが分かるからうれしい。つい、弟を応援したくなります。
生きろ!モリタ【分冊版】
持てない男の気持ちがよく出ています。こんな出逢いがあったら最高だよなぁと思います。作者もこんな感じの人生なのか?と考えてしまいます。
自殺サークル
十代の女の子たちの、ちょっと怖い一面をのぞいてしまったような気分です。怖いけど、つい見てしまいます。
ぼくらのひかりクラブ
少年の恐ろしさがもろに出ている。そういえば、20世紀少年という作品もこんな感じだった気がする。
新のぞき屋
のぞきなんて・・・と思うけど、きちんと正義感をもっているところがプロっぽいです。スピード感もあり楽しい作品です。
ザ・シェフ~ファイナル~
今までの一話完結とは違って、大河ドラマのような流れがありました。乾シェフがちょっと残念な感じでした。味沢シェフも年齢を重ねて丸くなったという感じでしょうか。
ザ・シェフ新章
まさに勧善懲悪の王道です。いい人はむくわれる。悪い奴は悔い改める。読んでいて最後にすっきりする作品です。きっと味沢さんの料理を食べた後はこんな感じなのでしょう!
ザ・シェフ
「食」という字は「人を良くする」と書くと言われます。そういうエピソードがちりばめられた作品です。
フロンティア
「北」という国の恐ろしさ、アメリカの尊大さが伝わってくる。黒のナンバーが生きていくことのむずかしさを教えてくれる。せめて最後は幸せな日々を過ごしてほしいと願ってしまう。
示談交渉人M
たかが麻雀と侮るなかれ。パイをめくるたびにドキドキしました。勝つためには恐れないこと、そんなことを学んだ作品です。
走馬灯株式会社
自分もこの走馬灯株式会社に巡り合ってみたい、そう思わせる切なさがお勧めです。でも、人間の闇を覗き見るようで怖くなります。
ようこそ甲州プリズンへ
刑務所の中と外の話が関連しながら流れていく。まるで映画を見ているようです。
殺し屋1(イチ)誕生編
恐ろしいほどの力を持ちながら制御できない主人公。今後、組織とどう絡んでいくのか、利用されるだけなのか、自立していくの、楽しみです。主人公の生い立ちものぞいてみたい。
湯けむりスナイパー
清算したい過去を持つ男の寂しさ、厳しさが伝わってきます。
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...