ブ*****さんのレビュー一覧

売王(バイキング)
2巻目が読みたいのだが表示されない。 喜生の糞野郎の成れの果てが見たい。
男麺
総務部の部長は北方歳三に徹底的に蕎麦作りの基本から鍛え直してもらって、そば屋に転職して大繁盛した方がハッピーエンドである。 せっかくの蕎麦作りへの情熱があるのにそれを生かされることなく、池田免太郎の愚行により、ただの立ち食い蕎麦好きのおやじに転落したのは勿体無い。
邪道
今迄読んだ土山先生の作品は弱きを助ける正義のヒーローが主人公だったが、この作品は憎たらしく狡猾で邪悪な悪魔の心を持つ青年が主人公であった。 土山先生の描く悪に満ちた主人公の表情が素晴らしく、読み進む内に益々主人公である兵藤新介の悪行三昧ぶりにムカついてきて誰か奴に天誅を加えてくれないかな、と思っていたところの兵藤の最期に胸がスカッとした。勧善懲悪が何より 面白い。この作品の真のヒロインでもあり主人公は敵討ちのおばちゃんに違いない。それに正義の心を貫いた勝部と中津店長。
喧嘩ラーメン
ラーメンの描写が本格的で美味しそう。 改心せず主人公への復讐に燃えたはずのHama竜の御主人が反撃に出るとみたが、その後全く再登場すること無く終わった。
居酒屋舌偵
最終回のラスボスが桜井ではしょぼすぎ。
極食キング
北方歳三の髪型が仙水忍に近い。
食キング
主人公の北方歳三はフランス料理、ラーメン等ジャンルを問わず超一流の料理人であり、店の再建から強豪との料理対決までの活躍は読み応え十分である。 土山先生の作品の主人公の中でも屈指の腕前の料理人なので 願うならば原作者の枠を超えて、山岡士郎、味沢匠、荒岩一味などの神レベルの強豪料理人を交えての漫画界史上最強料理人対決を見たいと思った。 審査員は海原雄山、味皇、北大路魯山人クラスで。
大食い甲子園
桃太郎高校の大食い部のメンバー最強過ぎて全国大会でも苦戦する事無く余裕で優勝する戦力である。 主人公と大原の対決が見たい。
ばくめし!
請求金額が最初は法外だが最終的には謙虚なところが主人公の魅力である。 料理勝負で北方歳三と対決させたいが多分負ける。
包丁無宿勝負旅
面白いが最後の展開が中途半端で残念である。 暮流助出てこないし、主人公が更に鍛えられて新日本料理会最強の料理人と闘い打ち負かした後で、最終決戦で暮流助との一騎打ちを見たかった。
喰いしん坊!
事実上の最強は西山清志 まともに戦ったら、主人公でもハンター錠二でも林美麗でも勝てそうにない。 奴を本当の意味で倒したところを見たかった。
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...