た*****さんのレビュー一覧

ヴァーチャル・ラバーズ【分冊版】
セックスばっかりしてるエロ本短編集。後味悪い話もないし、絵のタッチが嫌で無ければオススメします。このちょい古めなタッチが、むしろエロさをかき立てるのかも。
ワースト・インプレッション
「恋を知らない君」が面白かったので読みました。主人公のオリーもまぁまぁなツンデレてすが、相手役のカイが頭も顔も体格も良いか故に鼻持ちならない相当な捻くれ者であり、タイトルの通り読者に対しても最初から印象最悪です。 そこを読み進められるかどうかで好き嫌い別れる作品ですが、私はこの作者の描く“行き過ぎた捻くれ者”たちがお気に入りで、捻くれ者のカイがツンデレながらも真っ直ぐなオリーに振り回されていく様が小気味良くて、何回も読んでしまいました。 海外モノだからか、捻くれ者であっても『好きだ』と自覚したら口に出して愛を告白するところが潔くて好きです。前作?よりもエロいシーンが色っぽく、そこも良かったです。

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

きつねとたぬき
絵のタッチが好みじゃなかったので読む気無かったけど、期間限定で無料で見られたから何となく読んでみたらハマってしまった! 木常先輩がエロビッチ過ぎる。やらしいシーンはとにかく良かった。あと田貫くんに意外と惚れてて、甘えて(?)るとことが可愛かった。話も面白いです。 田貫くんちょっと単純お馬鹿だけど、憧れの木常先輩に相手してもらおうと必死で食らいついてる姿が応援したくなります。
渇かないバイパスコート
この作者の作品ってすごくエロいから好き。今回もセックスシーンがエロ過ぎて興奮しました。
名前を呼んで
1話目を無料で読んでからずっと続きを読みたいと思ってから、短期間とは言えキャンペーンで続きを無料で読めて嬉しかった! 蛍くんも可愛いけど、そんな蛍くんに惚れてる東馬さんも、男相手に全く物怖じせずに蛍くんを構いまくって好意を示す姿が可愛かった。 線が細くてサッパリした画風なのに、2話目以降、激し目なセックスシーン連発でちょっとドキッとしました。悪くないです。特にしながらキスしてるシーン好き☆

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

恋を知らない君
題名の通り恋する心を知らず、身体の付き合いしかしてこなかったギイが、誠実なジャン=マルクに一目惚れされる。別れてからようやく尽くしてもらうことの幸せを知ることに。真面目な教師のジャン=マルクの方も、ギイの楽天的な所に心癒されていたことに気付くのも良かった。フランスが舞台だから同性愛ならではの世間体とか気にせず、純粋に恋愛話として読める。二人がお互いを恋い慕っていたと気付いていく過程が切なくて何度も読んでます。

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

看板息子の恋
ガチムチ好きな私だけど、この作者の描くキャラって体も顔も四角い感じのゴツさであまり好きではない。でもキャラクターの性格や話の内容は少女マンガのようにピュアで丁寧な展開なので、心温まるし絶対鬱な展開にはならないだろうと安心して読める。 今回の作品は、恭一郎のちょっと子供っぽ過ぎるほどの真っ直ぐな性格&行動力が時にウザッたくもあるけど、未成年ながら既に人生諦めたようなすさんだ一馬の心に人情味を灯していく展開が特に良かった。恭一郎も一馬が忌憚のない意見を遠慮なくズバズバ言うから、本当に相手の事を思っての言葉がけや行動について考えるようになる。お互いに足りなかった部分を補うような関係が築かれていく様は読んでて心地よかった。
褐色のマーメイド
突拍子も無い設定で始まり、話の内容も唐突に展開して終わり、気持ちがついていけない感じの短編ばかりです。でも筋肉質なイイ体つきの男たちが激しく絡み合ってます。好みに合えばなかなか良いエロ本です。
裏彼氏~ヒミツの同級生~
この作者の描く受って女の子みたいに可愛らし過ぎる容姿で男の子に見えないんだけど、大抵は健気でいじらしい性格だからまぁ良いか…って思ってしまう。今回のユウもすごくヤラシくて可愛かった。そんなユウに出演してたAV観て一目ぼれする明人も、京都のボンボンらしく朗らかで楽天的で、良い意味で自分勝手。話の展開は「お互いに都合良すぎるだろ!」ってくらいアッサリ決着するけど、二人とも可愛いから思わずクスッと笑って許せてしまう。 とりあえずユウのAVシーンがとにかくエロくて、明人じゃなくても一目ぼれですね(笑)
恋人はボディガード【分冊版】
「un forgettable」だけ、とても良かった。
野性の夜
この作者の独特の絵のタッチが好きだし、この本はエロ描写の修正も甘くて気に入ってるんだけど、2話目とか7話目に受を弄ぶクソな輩が出てくるのがホントに嫌。受が自己肯定感が低いキャラなのも好かない… 無理矢理が嫌いな人にはオススメできないけど、3話目は味わいがあって、他の短編集に続編もあるから読み応えはある。あとセックスシーンがエロい。4話目の小説風なのとか、6話目の寮生活がただただヤッてるだけの話だけど、エロ本と割り切って読むならなかなか良かった。

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

お仕置きです!
この作者の話の短編集は気に入っているが、必ず1〜2話は無理矢理な性暴力描写が出てくるから、そういうの嫌いな人にはオススメ出来ない。 この本だと8話目の写真の話。絵は独特のタッチだけど綺麗だと思うし、セックス描写もエロくて良いけど、ハッピーエンドになる手前で横恋慕するクソ野郎が出てくるのはイヤ!ぶん殴っても結局は受がレイプされてるし、遅いよっ!てイラつくし、腹が立って読み飛ばした。 今回は飛び抜けて気に入った話もなかったので、余計に残念。

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

京の淫れ旅館~若旦那とナイショのH~
↓そこまで酷くないよ。主人公が可愛い。
お尻の穴からとび出る万札~カラダ完済計画~
相手が両親夜逃げしてただ一人残された男子学生だろうが、一人で子ども育ててるシングルファーザーだろうが、手加減せずえげつないエロ行為を強要して金ふんだくってるアコギな商売してる癖に、相棒の五十嵐に惚れた返済相手には嫉妬するとか、柏木が自分勝手過ぎて腹が立つ。他人にあんなアコギな事してる癖に自分だけ好きな男とイチャイチャしようなんて虫が良過ぎだろ。返済終わって五十嵐に一回だけ…って思い出エッチしてもらう返済相手のがずっと可愛げがあって、悔しがってる柏木がいい気味だった。五十嵐はまともそうな奴なのに、狂った奴(柏木)に幼少期から付き纏われて洗脳され気の毒。

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

春雨トンネル
この作者の絵はとびきり上手な訳ではないけど雰囲気があって、いつの間にか気に入ってしまった。そして何よりストーリー展開が上手くて、大抵の作品に感動させられている。 このお話も、切ないけど良かった。主人公の旭と亡き姉の婚約者・英司が、お互いの心に空いた空洞を埋めるように依存し合う存在から、かけがえのない大切な存在に変わっていくまでの心の葛藤がメインなので、エロいシーンはあんまり無い。ストーリー重視の方にはオススメ。 私は抱かれる子が色っぽい表情をするのが楽しみだったので、「その後〜」の話で二人がやらしいコトしてて満足しました。 短編の「VOICE」もエロいコトしないけど話がすごく良いです。刑事さんが渋くて素敵。

ネタバレが含まれています

(タップして読む)

大野将太18歳、本日カレシができました!
この作者の絵も話も好き。身体の関係からだけど、将太先輩も拓海くんも高校生らしく初々しくて可愛い。続きが楽しみ。
Fortune【分冊版】
途中まで別サイトで読んでいた作品でしたが、こちらで「待つと無料」で最後まで読めて嬉しい! 主人公のタカヒロの境遇が気の毒とはいえ、あまりにもネガティブ思考で読んでてちょっと辛い。まぁ、そうなっても仕方ないくらい酷い目に遭ってるんだよね。でも、エルが最初はわがままで生意気なガキって感じだったけど、そんなタカヒロの過去を知って、自分の気持ちにも気付いて、タカヒロに本音でぶつかっていく後半は素直で一途で可愛い。 そして二人の周りにいる人たちが本当に彼らを思って温かく見守り支えてくれているので、ジーンとする。最後はタカヒロも勇気を出して、エルを想う気持ちに素直になってくれたので良かった。二人には周りの人たちに報いるためにも幸せになって欲しいな。
あした、同居人と恋をする
この作者の話は他のサイトでも読んだことがあって、絵のタッチもお話の雰囲気もほのぼのしてて好きだな、と思う。 話の流れはだいたい、受の方がゲイで攻の方がノンケで、受の色気とか可愛らしさとか一途さとかに絆されて…ってパターンばかりだけど、キャラクターが魅力的でつい読まされちゃう。私好みの絵柄なのか? 今作も響くんが可愛かったので、阿須田くんが絆されて恋人同士になるのも時間の問題かな。お坊ちゃんらしく、空気読まない図々しい響くんの言動が、何故か憎めない。あまりにも前向きな阿須田くんへの一途さに、読者まで絆されちゃうのか? 短編だし、ちゃんとくっついてないからちょっと物足りないけど、その位が余韻があって丁度いいかも。
味見は夜になってから
何となく読んでるうちにハマってしまい、何度も読み返してる。大貫の頑ななまでの生真面目さも溶かした松岡の「二人で変わろう」って愛の言葉。 今まではなかなか口説かれてくれない大貫に代わって色んな人相手に松岡が独りで創作してたエトワールだけど、これからは常連オネエさん達に宣言した通り、おおぬきと一緒に創作したパンが並ぶのかな? 大貫は「楽しみが半減」しちゃうけど…生真面目男のこの発言は確かに可愛い!
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...