A*****さんのレビュー一覧

女の根本にあるのは、美醜の有無だと言うことがよく描けてるなと思いました。 この話の主人公は欲しいものを手に入れたけど、きっと彼女は、自分が彼の求める美しさを失ってしまったら彼の心が離れていってしまう事は良くわかっていて、その美貌を保ち続けるために人生を費やすんだろうな。 怖いシーンは1つもないけどじわりと恐怖を感じるお話しでした。
9
夢野久作の小説を漫画にしたらどうなるのか、興味があって読んでみました。 結論、夢野久作作品とは呼べない代物でした。 でもまあ、仕方がない。夢野久作の世界観は文章で感じるために作られたものなので。 とりあえず、この漫画自体はエログロ系のTLなので、夢野久作とは切り離して読めば好きな人には楽しめるのではないでしょうか。
0
池田理代子の画力と、池田悦子の読ませる力が融合した名作です。間違いなく誰もが面白いと思うはず。 でも残念なことにこの漫画、打ち切りなのです。 そして2巻は1巻に比べて妖子の勢いが弱くなっていくので、個人的には無料の1巻だけを読んで、あとは主人公の行く末を想像して楽しめばいいのではないかと思いました。 もしきちんと完結していたら、課金してでも最後まで読みたかったんだけどな。残念。
7
人間失格を初めて読んだのは中学生の頃で、当時これは完全なフィクションで、こういう世界もあるんだな、大変だな大人って、などと思っていた。 大人になってから再読して、これが作者の私小説であると知り、当たり前だが全く共感はできずただただ主人公に嫌悪を覚えた。 そして今回漫画を読んでみて、とてもよく描けているも思った。 原作の持つ鬱々とした雰囲気が絵の中に常に張り付いていて、一見幸せそうな描写にもどこか油断できない緊張がある。 ただ、私はこの作品にはやはり共感はできないし、するべきではないと思う。 主人公の生い立ちには同情する部分は多々あれど、どんな理由があっても他人を巻き込んで死ぬ事など許されないのだから。 それを勘違いして共感することは決してあってはならないと思う。
8
今も我が家の本棚にある、曽祢まさこ作品の中で1番好きな漫画です。 「ばら」というキーワードにちなんだお話が詰まったこの短編集は、どこから読んでもそれぞれの物語に特徴があって楽しめます。 個人的に好きなのは、第2話のばらの樹の下で子供達が秘密を語り合う「危険なつぼみ」。 80年代のサスペンス映画のような雰囲気がとてもいいです。 この本はいろんな人に読んでほしい。名作です。
13
初めて読んだ作者だけど、面白かった。 1話目のリセットの話は、最後のオチで納得。 2話目のライバルの話は、素直な子供の気持ちになれるラスト。 無料で読んで損はないです。
10
この人の漫画って癖のある話が多いけど、ここまで酷いのは初めて読んだ。 第1話の内容をよく思いついたなとある意味関心する。 吐き気を通り越して反吐が出る。もう二度と読みたくない。 でも、読者にそう思わせたかったなら作者の意図としては大成功なんだと思う。
16
まず、タイトルに童話とありますが最初の2作品は全く無関係の「怪奇診察室」というシリーズものの未収録作品です。知らずに読んでる人はよくわからなくなるかも。 内容はさておき、グロさはかなりあります。 この時期の犬木加奈子のイラストが個人的に一番好きかも。 コインで読める分は、そのうち無料になってくれることを願って待ちます。
4
最後まで読んでからレビューしようと思ってたんだけど、どうしても引っかかるので書きます。 主人公、迂闊すぎない?? 深く考えない性格なんだろうけど、姉の名誉の為とか言いながら病気の事を他人に話しすぎ。 原因になったかもしれない人にまでペラペラ話して、どうなるか全く考えてない。 いい大人でこんな人いる?? 幼稚すぎてついていけない。 梅毒は怖い病気で、知っておくことは大事だと思うけど、肉親がかかってる割に感染方法とかちゃんと調べもせずに姉と関わってるのにも違和感。 作者はその辺どう考えてるのかな。 それが気になって、読んでて不快になる。 絶賛してるレビューばっかりだけど、私はそうは思えないな。
17
森永あいの漫画って、好き嫌いがはっきりしそうな気がするけど、私は好きです。 美形だけど性格や趣味が死ぬほど悪い奴が出てきて最後までドタバタしてる作品ですが、気楽に読めるので暇つぶしにおススメ。
9
10話で完結って事でいいのかな? どう終わるのか気になったのでレビューは最後に書こうと思ってたんだけど、結局よくわからなかった。 あと、キャラが書き分けられてないから誰が誰なのか途中でわからなくなることも。 面白かったかと聞かれたら、面白くはない。 もう少しまとまりのある話にして欲しかった。
11
こんなに懐かしい漫画が無料で読めてとても嬉しいです。 ひたか良さんのホラーは絵が好きで、書籍を持っていました。 当時はパソコンなども珍しくて、色々想像しながら読んだものです。 今読んでもわかりやすいので、色んな人に知ってほしい漫画です。
1
まず、この漫画は坂本龍馬が主人公ですが、歴史の話ではありません。全てフィクションです。 絵は綺麗だけど話に脈絡がなくて、個人的に面白いとは言い難いです。打ち切りだし。 ただ、アメコミが好きな人には楽しめるかも。マッチョとセクシーの対決シーンは迫力があります。
0
タイトルが後ろ向きな感じだったので、漫画の内容もそうなのかと思ったら違って、色々深いお話でした。 全体に優しい雰囲氣で、読みやすかったです。
46
懐かしい。 書籍を大昔に持ってたけれど、完全版が出ているのは知らなかった。 ぬるっとした線で描いた絵が特徴的な、一度読むと頭に残るホラー漫画です。 ホラーファンなら一読あれ。
22
悪人は1人も出てこない、萌えの詰まった漫画でした。pixivっぽい。 絵も上手だし面白いとは思うけど、若干狙いすぎてるのが個人的には微妙。 タイトルの冥府の花嫁の意味は何だったんだろう?
5
この漫画の作者がミスター味っ子の人だとわかって、なるほどと納得。 アクの強いキャラに長い料理の含蓄だらけなお話は、好き嫌いが別れるとは思うけど私は楽しめました。 こんなに長く続いたのに最後が打ち切りなのがとても残念。
9
最後まで読んで、いい加減な感想は書けないなと思ったのでもう一度読みました。 誰でも一度は考える「生と死」というありきたりなテーマではあるけれど、大人になってしまうと思い出せなくなる思春期の感覚を何とか表現しようとしている事が伝わってくる漫画でした。 ただ、私は大人なのでどうしてもフィクションの中のノンフィクションの部分が気になってしまって、そこだけはもう少し現実としてちゃんと調べて描いて欲しかったなと思いました。
2
「死と彼女とぼく」がとても好きでした。 その続編という事で読んでみましたが、昔の作品とはまた違う雰囲気で、とても面白かったです。 あの頃高校生だった優作とゆかりが大人になって、死者との関わり方が変わったからかな。 昔の作品を読んでいた人ならもちろん、初めての人でも楽しめる漫画です。 ジャンルはホラーだけど、基本は人間の心理を描いているので怖くはありません。 興味があれば是非ご一読ください。
19
1話1話、丁寧に描かれているので読み応えがあります。 内容はよくある学園ホラー系ですが、絵が上手いので突然の恐怖描写にびっくりするシーンもあって、ホラー好きな方にはお勧めしたい作品です。
9
実話で悲惨な話ばかりな上に、絵がものすごく下手な漫画が多いので読みづらいです。
3
池田さとみさんの漫画は、どれも深い。 この辻占売も、優しいだけじゃなく底冷えするような怖い話もたくさん載っていて、色々考えさせられます。 途中までだけど無料で読めるのは嬉しいですね。
10
読めば読むほど胸が悪くなるのに最後まで読んでしまう、そんな漫画です。 一切妥協せず起こる事を描いているので、目を背けたいのに先をどんどん見てしまいます。 グロやゴアが苦手な人はご注意を。
39
短いページに無理やり詰め込んでいるので色々突っ込み所はありますが、まとまりはあります。 主人公が純粋なので素直に共感できました。 同じ漫画家さんの他の作品もあれば読んでみたいです。
5
Loading...