仮面堂さんのレビュー一覧

2018年4月24日
thumb_up 0
2018年4月24日
thumb_up 0
クソ案件をキレイに解決。出来るなら黒幕その他をキャンゆわしたのも見たかったです。 こういうクソ案件、調査関係の仕事をしている時に何回か出会しました。リアルの場合は大概がもやっとした結末で納めるしかありません。
2018年4月23日
thumb_up 36
最後の読み切りを入れて★4つです。
2018年4月23日
thumb_up 47
まだ途中ですが、取敢ず読みたい話だけ先につまみ食いしちゃいましたので。 話は勿論ですが、絵柄が何とも言えずいい感じです。特に三冬が。 原作は小説版というかドラマ版の方みたいですね。別作品のを剣客商売シリーズとしてドラマ化したのも入っているようです。 待てば読めるとチケット消費で少しずつ読んでいきたいと思います。これから暫くの楽しみができました。
2018年4月23日
thumb_up 57
細かい事は気にしないで軽~く読める1話完結。
2018年4月22日
thumb_up 2
レビューに惹かれて読みました。一気読みをお奨めします。 例のごとく打ち切りっぽいですけれど無駄にダラダラ引き延ばされるよりは思い切りよくスッパリ終わっちゃった方が全然いいです。
2018年4月22日
thumb_up 28
深く考えず軽~く楽しみましょう。十年後位のふたりを見てみたい気もします。 高校時代、こんな感じの女性教師が居ました。やっぱり英語担当で。電車内で自校の生徒が痴漢被害に遭ってたらそいつの胸ぐら掴んで吊し上げるような元ヤン先生でした。
2018年4月17日
thumb_up 6
『アデル』ハッピーエンド、『異国にて』アンハッピーではないけれど切ない終わり方。御参考まで。
2018年4月17日
thumb_up 62
表題作。ってかさ、悩んでいるところに彼氏からそんな薬を渡されたら「火に油」じゃねえの? とか思ってみたり。
2018年4月17日
thumb_up 3
他の方も書いているように2話目の方が怖いです。地方の寂れたよく分からない資料館とか妙な寒気を感じる場所ってありますよね。 1話目は2時間サスペンスをホラーで仕上げましたという感じです。
2018年4月16日
thumb_up 7
2018年4月15日
thumb_up 3
たまに無性に読みたくなる作家さん。好き。 ①表面に拘るのが流石コレクター。 ②最後がコレならその前に同性にしてもらってもいいんでないかいと腐女子の突っ込み。 ③オチの「あ、やっぱり」感。 ④未読。読んだら書きます。
2018年4月15日
thumb_up 5
今は★3つですが今後の展開次第では増えるかもしれません。期待大で待機中。
2018年4月15日
thumb_up 5
2018年4月15日
thumb_up 7
2018年4月15日
thumb_up 8
この作家さんの作品が初読みの方にはぜひ4話を読んで頂きたいです。いくつもの短い話の中に他の長編にも通じるエッセンスが詰まっています。 『夢の入り口』冊子で読んだ時には後に自分がそういう団体と関わり(調査関係の仕事で)を持つようになるとは微塵も思っていませんでした。懐かしい。そして今でもあの頃に感じた怖さを思い出します。 「大人達が「女性の身体と心はモノ以下だ」と彼らに教えているようなものね」21世紀にもなった現在ではどうなのか…
2018年4月15日
thumb_up 419
懐かしい。連載当時リアルタイムで読んでいました。あいねと谷国の関係にドキドキしながら何の突っ込みも入れずに素直に読んでいたウブな頃です。
2018年4月14日
thumb_up 3
Loading...