e*****さんのレビュー一覧

破天荒なストーリーで、目的のためなら友人を陥れることも厭わないヒロインのサイコパスっぷりが、物語を最高に面白くしています。 かと思えば、登場人物それぞれに持論があって、その彼らが観念的な議論を淡々と戦わせたりするのもまた面白い。
25
自ら罪を認めてからの、主人公の自己陶酔がひどい。むしろ「すすんで罰を受けてる自分」に酔っているようにさえ見えます。 まわりの友人たちも、卑劣な行いにショックを受けて当然なはずのに、とくに動機や理由も聞かないまま謝罪を受け入れ、主人公をあっさり許してしまうあたりに、強い違和感を覚えました。 ストーリー自体は決してつまらなくないですが、主人公の成長譚としては、共感するのは難しかったです。
4
どれもいいお話でした。
3
メンヘラ気味の女の子たちのHなラブストーリー集。 一見、コメディタッチですが、どの話も後味に苦さが残る。安易なハッピーエンドはありません。
19
ファンなら、各話のタイトルを見ただけでも懐かしいのでは。特撮の制約をはなれたコミック独自の演出もあって面白いです。 ただ、個人的にはやはり、セブンとメトロン星人が茶ぶ台を挟んで会談するシーンは入れて欲しかった。
28
TLにはない、生々しさともどかしさ。 海辺の街の寂れた風景が、作品の情緒を引き立たせてます。 一向に出口の見えない二人の関係は、読んでて焦れったくなりますが、それも思春期の時間と感情の堂々巡りのような感覚に重なる気がしました。
35
おすすめは第2話の、猫の気を引きたい女の子と、その女の子の気を引きたい男の子の話。 表題作は割とありがちなモチーフですが、そのぶん作者のカラーがよく出ていると思います。
7
過去と現在が交錯する構成で、読むにつれて、登場人物たちの関係が少しずつ浮かび上がっていきます。 はっきりとした事件や山場はありませんが、余韻の残る物語でした。
30
ヒロインがかわいい! 光沢感のある絵でそそられます。鬼畜全開ですが、4話~6話めあたりまでが見せ場。
213
「女子って怖い」と思うか、「男子って馬鹿だな」と思うか。 いずれにせよ、良く出来た小編です。
42
高校生たちの青臭くて、ほろ苦い恋愛短編集。 同性愛、援交、近親相姦など際どい話もありますが、どれも最後には少し前向きになれます。
67
ポップな絵柄に、コミカルで奔放な登場人物。 物語はどれもブラックなユーモアが利いていて、ハマる人はハマる世界観です。
10
百合コメディ『オトメの帝国』の作者による短編集。 こんな耽美的で大人向けの作品も描ける人だとは知りませんでした。 もう少し分量があれば。
42
エロ漫画ですが、短い中にも背景の物語と余韻を感じさせる上質な作品です。
462
東欧風の架空の国を舞台に、過酷な現実に翻弄されつつ生きる二人の少女と、その二人の間で揺れる気弱で夢見がちな少年の物語。 様々な感情を呼び起こされる力作です。
23
他人の思考が読めるという設定はよくありますが、他人に思考が駄々漏れになるというのは、この作品くらいではないでしょうか(笑) 特異な設定をストーリーに上手く活かしているのはもちろん、それを通して他者理解や社会の寛容さといったテーマまで掘り下げていて、考えさせられます。 全巻無料の中では屈指の当たり作品だと思います。
41
芥川の『鼻』にゴーゴリの『鼻』をプラスした感じ。 原作の滑稽さに不条理テイストが加わって、いい味出してます。
14
食欲と性欲が無限大の女子大生が、冴えないオジサマたちをひたすら食いまくるお話。 ワンパターンでしょうもないけど、つい読んでしまう。 最後のおまけも笑えました。
27
読んでてヒリヒリする恋愛短編集。 もう子供ではないけれど、まだまだ大人にはなりきれない、そんな男の子と女の子を描くのがすごく上手な作家さんだと思います。
182
質・量ともに濃い第1話は衝撃的。 一方で、後半の怪談話はあまり印象に残りませんでした。
16
有名な幻想作家ボルヘスの同名小説が下敷き。 主人公の超能力について特に説明がなく、かつ先の展開も見えづらいので、途中やや読むのに苦労しました。 ただ、最後のあとがきを読んで納得。もう一度読み返してみたい作品です。
13
独特な世界観のファンダジーで、一瞬にして引き込まれました。 ただ、肝心のストーリーは下ネタに頼りがちで、最後まで物足りない印象。 もう少し腰を据えて描いてほしかった。
15
せっかく絵は上手いのに、内容がなさすぎて読み進められませんでした。
19
どの作品も、思春期ならではの自己の不安定さや、息詰まるような人間関係をとても忠実に描いている印象です。 身につまされる方も多いのでは。
42
Loading...