n*****さんのレビュー一覧

ラストは何なんだ?意味不明。 主人公が、故 川谷拓三氏に見えてしまう
2018年4月16日
thumb_up 19
○○○ーは、ラスト何処に行くのか? 女ゴルゴに成るのか?、それとも○を捨てるのか?
2018年4月16日
thumb_up 17
短く纏められていて面白い。 が、「淫」の描写が多すぎる。
2018年4月6日
thumb_up 9
殺しを感情を出さずに淡々と仕事としてこなす。 現代の仕置人。 ただ、全3巻で終了は残念。
2018年3月29日
thumb_up 22
圧倒的なパワー全開である。 そのパワーの前では、屁理屈は通用しないのである。 だから謎のままで終わっていいのだ。
2018年3月28日
thumb_up 19
武蔵と言えば、吉川英治氏である。 小説が真実として多くの人に刷り込まれている。 この作品は、その吉川史観を叩き壊すのである。 ただ、梶原流の残虐描写、凌辱、拷問である。 それさえなければ・・・・・・・・ そして最後は、中途半端。だから★三つ
2018年3月26日
thumb_up 8
エッ、これで終わり?が残念。 ところで、この作品のモデルになった箱根の旅館はどこなのだろう? 泊まってみたいものだも。 宿泊代、高いのかなぁー
2018年3月25日
thumb_up 37
強く、頼もしく、、哀しく、悲しく、そして、切ない 泣いたぜ、哭いたぜ。
2018年3月16日
thumb_up 9
最後のおまけが一番面白かった。
2018年3月9日
thumb_up 2
田村正和氏がテレビ、舞台で演じていたものをかつて見ましたが、 ニヒルで笑いの要素などなかったのですが 原作は、ちよっとコミカルで明るいのですね。 うむ、2部は要らないかなあ
2018年3月8日
thumb_up 0
何ちゅう、メチャクチャ、エロ&バイオレンス そして最後は、ぶっ飛んだぜい。
2018年3月4日
thumb_up 3
面白い。 この手の作品は、主人公が変り者や型破りな者が多いのに 普通で優秀な主人公なのが良い。 ただし短い、続きを。
2018年3月2日
thumb_up 8
ラストはどう云う事だったのだろうか? ○○を取り戻し冷酷な殺し屋に戻り○○○ーを撃ったのか? それとも、組織を裏切り組織を潰す為に生きようとしたのか? どっちなのだ。
2018年2月25日
thumb_up 33
2018年2月23日
thumb_up 6
面白いのは面白いのだが、最後が甘い。 悪は栄えてはいけないという倫理規定がある、 テレビの2時間サスペンスドラマの様だ。
2018年2月21日
thumb_up 9
簡潔に纏められて面白かったけれど、 最後は何なのでしょうか?
2018年2月21日
thumb_up 61
途中で訳が分からなくなってしまった。 何とも言い様のない作品である。
2018年2月21日
thumb_up 1
同じく障碍者の話には衝撃を受けた。
2018年2月19日
thumb_up 86
話半分としても ちょっと背筋が薄ら寒くなる内容である。
2018年2月19日
thumb_up 27
まさか、すべて事実だと思う奴はいないよな。 話半分で読みましょう。
2018年2月17日
thumb_up 4
フィクションのオンパレード 戦闘機マニアの妄想。 でも、M先生の作品より面白い。
2018年2月16日
thumb_up 6
ちょっとマッター これで終わりなのか? 続きを読ませてくれーー頼むー。
2018年2月11日
thumb_up 21
これで御終いか? 物足りないなあー
2018年2月11日
thumb_up 12
かつて途中まで読みかけて止めてしまったので最後まで読んだのだが 残酷、残虐な拷問のオンパレード。 梶原先生は、どうして、こうなってしまったのでしょうか?
2018年2月10日
thumb_up 0
Loading...