スキマ

『calm(完全版)』のレビュー

素晴らしい。▼おそらく凪にとって「書をする」ことは日常に組み込まれた極めて自然な所作なのではないだろうか。そしてそういう人たち(おそらく環や水絵も同類なのだろう)には,我々と違った何かが見えているのではないだろうか。そういうことを自然に感じさせてくれる作品だった。▼#1〜#17は一つの作品(短編連作)なので個々のサブタイトルの話をするのは少し変だが,物語の主題となる凪の書を環が目にする『あたらしいこころの話』が特に良い。何も知らない環が凪の書を直観的に理解するシーンの描写が素晴らしい▼#18以降は独立したスピンオフ短編だが,この中では「書をする」凪の凄みが描かれている『大樹に舌が這った話』が特に好き。▼私は書道するアイドルを知っているのだが,彼女が書を為す時はこういう感じなのかな,と思うこともある。
2020年9月6日
なんだかんだで、みんな真剣に生きている。
2020年8月12日
漫画が上手い!凄い! こういう人にポッと出会えるから、ネットの普及って凄い。 凄く良い話だと思いました。 絵があんまりとか厳しいレビューもありますが、是非一読いただきたい。
2019年6月12日
好き嫌いは分かれそうな気がしますが、私はけっこう好きです。心理描写とかがなんというか非日常的な描写だからこそグッとくるというか、気持ちが伝わるというか…。タマちゃん?と凪先生とのその後も読みたいです。
2019年6月5日
表紙ちゃんと見てない自分が悪いんだけど、表紙だけ見た時女子刑務所の話かと思った(なんで)
2019年5月31日
好き嫌いは分かれるかも。 だけど私は好き。 もうちょい続き読みたかった!
2019年5月30日
絵がひどいし、難しい事を言いたげな割に意味不明な所も多々あったが、関西弁のテンポ良い台詞回しに助けられ一応完読。
2019年5月29日
もやもやしてる時に読みました。「まぁなんとかなるやろ」って思えてくる、それでいて「もうちょいやってみよ」と少しやる気をもらえました。 絵はイマイチですし、複雑な設定もありませんが、「やっぱり人間ってそういうもんかなぁ」と時々思い返したくなる、calmというタイトルにふさわしい漫画でした。
2019年5月28日
好きです。でも延々と読みたい感じではないのでこれ位が丁度いい。
2019年5月26日
絵が下手。人物に魅力が無い。 コマ割りが単調。 2ページ以上読み進める気になれなかった。
2019年5月26日
起承転結無しでシリアスっぽくメンタル描写をすれば良い漫画になるという風潮。 はっきり言ってストーリーが全然面白くないのが致命的
2019年5月25日
おっと、これはなかなかの拾いものでした。 食えぬまでも書道家として身を立てようとする姉と、母親に反発する妹。親しくつきあうも、それぞれの内に鬱屈する魂を抱える同級生たち。さらに金貸しに転じた元やくざとその用心棒の青年。 それぞれの人生が交差し、なにかがはじまり、なにかがおわる。 鯤は鵬と変じて、いずこを目指すや?
2019年5月25日
よく分からんマンガだが、良いんじゃないの?
2019年5月24日
奇妙な味わいの、静かに進んでいく話と思いきや、いやいやいやいや、一筋縄ではいかんかったw ゼヒ読んでみてください。
2019年5月24日
レビューフィルタ