島津郷子自選集

レビュー一覧

ハッピーエンドだけじゃない、切ない終わり方の話も多いのが、島津先生の醍醐味。繊細な絵と、良い意味で冷めたストーリー、大好きです!
Feb. 28, 2019 違反報告
7、8巻の「シンデレラの森」とスピンオフの「1000日のディアナ」が特に好きです。誤解が生んだ少女の復讐劇は全編通して愚かで哀しい。でも、自分を切り刻みながら破滅への道を進んでいくヒロインの痛々しい姿に胸を打たれ目が離せません。作者独特の繊細な絵柄もぴったりハマって、少女マンガならではの秀逸なピカレスクロマンに仕上がっていると思います。
Feb. 15, 2019 違反報告
著者の作品は、少女から大人になっていく過程の恋愛をテーマにしているものが多いですが、今回の短編集には大人になりきれていない女性や幼い妻などのエピソードや不倫、略奪、浮気などの泥沼や犯罪など多方面の恋愛ストーリーがてんこ盛りでした。
著者の描く主人公の特徴として、友達が少ないまたはいない、世間知らず、自分に酔いしれている女がとにかく多く出てくる。
女性の心情を表現するのはとても上手いのに、男性に関しては薄っぺらいと言うか、理想の男性か他人が話す男性像のような感じでリアリティーがないのが残念です。
Jan. 26, 2018 違反報告
子供の頃一人ぼっちのパンドラを読んで以来。
闇の多い作品、作者は幸せじゃない人なんだろうな。
Dec. 11, 2017 違反報告
同作者さんのナースステーションを読み、切ない描きかたが辛く読むのを断念してしまった経緯があり、こちらの作品も敬遠していましたが、読んでみてよかったです。
共通して切なさややりきれなさ、愛憎などアンハッピーな要素が多々散りばめられていますが、それが物語をより深めています。
アンハッピーな要素は多いけれども、心理描写がうまくどこか郷愁が漂い人情味溢れる描きかたは、読み手の心に響くものがあります。
個人的にシンデレラの森が一番印象的てした。
オムニバスやスピンオフ、続編になっているものもあり、読みごたえのある作品ですのでぜひ。
Dec. 4, 2017 違反報告
この作家さんの描く物語は、なんというか胸がときめいたり、締め付けられたり
バッドエンドに思えるものも、ある種のハッピーエンドかもしれないと思えるようで
不思議な力を持ってると思います
Nov. 20, 2017 違反報告
最後の話が特によかったです。
素直になれない妹と、しっかり者の優しい姉さん。

ラストの辺りはうるっときました。
Oct. 15, 2017 違反報告
おもしろかったです!
中には怖いのもあってうまいなと思いました。
特にひとつ長編のが引き込まれました。
Oct. 11, 2017 違反報告
親の心子知らずと言うけれど、自分が親になって初めて分かる愛情
まだ親が元気なうちに気付ければ修復の余地もある
孝行したいときに親はなし、にならなくて良かった
Oct. 3, 2017 違反報告
心が温かくなりました。
大人になってからわかることってあるんですよね。
Oct. 1, 2017 違反報告
わだかまりがなくなって、分かり合えて良かった。素敵な家族でした。

2話の元彼は浮気しといて何言ってんだー、うだうだ鬱陶しいと思ってしまいました。
Sept. 24, 2017 違反報告
島津さん、すきだなあ。
でももう少しハッピーなのがいいな。
1巻の最後はよかった。
Sept. 22, 2017 違反報告
島津先生の短編集素敵でした。個人的にリップスティックが良かったです。時代背景が少し前で作品の所々に描かれてる小物や洋服も懐かしくじっくり読みました。
July 22, 2017 違反報告
「シンデレラの森」と「鍵」が好きです♡
あと、学生時代のいじめや冷やかしにとっても時代を感じて、ほろ苦い(苦笑)
私も一度、黒板に相合傘描かれましたが、それがどーした?!って感じで見てたの覚えてます。
だって、相手はゲイの子でその後20周年越えの大親友になる子だから(笑)
April 26, 2017 違反報告
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...