難病が教えてくれたこと6 ~妊婦の闘病~

レビュー一覧

このシリーズがいつ描かれたものなのかわからないまま読んでいますが、姑の理解のなさや無神経さが昔の人のようで気になります。子供が欲しいのにできないつらさを理解しあえない同性の人にも苛つきます。何度も悲しい思いをしてきている人のために代理母出産が日本でも認められたら良いのにと思います。
Jan. 26, 2019 違反報告
障害者たちの顔が健常者と描きわけができていなくてリアリティがなかった。
June 12, 2018 違反報告
例え障がいがあっても、その障がいにどのように向き合うかが大切だと考えさせられました。
Dec. 26, 2017 違反報告
世の中にはいろんな病気があるなぁ、と思いました。
話が前向きなので、安心して読めます。
Dec. 23, 2017 違反報告
ひとつの命は、奇跡で生まれてくるんだなぁと思いました。
Dec. 19, 2017 違反報告
いろいろ勉強になる。
自分や周りの人の身に起きるかもしれないこと
そんときにどうゆう気持ちになるか考えるいいきっかけになった!
Dec. 15, 2017 違反報告
すごく感動しました。
障害を持っていて子供を産み育てる
大変な事だと思います。
姑さんと和解できて良かった!
Dec. 12, 2017 違反報告
辛い病気と闘う主人公たちに感動させられた。前向きな生き方って大事だなあ。
Dec. 11, 2017 違反報告
難病でも母親に為るために、命を懸けた出産をする覚悟に涙が出ます。勉強させて頂きました!
Dec. 11, 2017 違反報告
今回の巻は、産科・婦人科系の症例をまとめている作品でした。
こうした作品を読むといつも思いますが、産科と婦人科は完全に別にした方がいいのではないかと...
不妊治療や子宮・卵巣の病気の方と妊婦さんが、同じ待合室にいる事の苦痛は計り知れないだろうと思います。
あと「結婚=子供」と言う図式も、他人が口を挟むべきではないと思います。
病気や妊娠し難い方だけでなく、今の世の中に不安を覚えたり、金銭的にも子供が欲しくないとかまだ先にと考えている人にとっても余計なお世話だと思ってしまいます。
本人から妊娠や出産の報告をされた時に!お祝いする!そんな世の中になったらいいなと思いました。
Dec. 8, 2017 違反報告
子供が育ちにくいなど女性特有の病気が色々ありますが、最後は明るく終わるストーリーが多いので嫌にはならないです。
Dec. 6, 2017 違反報告
相変わらず子どもが川で溺れかけたり、腫瘍マーカー等でおおよそ分かってても、術後の病理結果で告知されるのが通常な手続きなのに術前に卵巣ガンと断言されたり、つっこみ所があるけど読後感がよくさらっと読めて好きです。

卵巣ガンでも状態や妊娠を強く希望する場合、正常な卵巣と子宮を温存できることもあるし早期発見が鍵なので、定期検診が重要です。

このマンガとは関係ないですがレディコミの中には、子宮筋腫がひどいから子どもが産めない等、安易に婦人病を誤解させるようなものがあり、非常に残念。
(子宮筋腫や卵巣嚢腫は大きくても良性が多く、貧血がよほどひどくなく妊娠を希望していたら温存できる場合がほとんどです)
Dec. 3, 2017 違反報告
泣けました。
心無い言葉をかける姑にはなりたくない!
優しく接することのできる人になりたい。
Dec. 1, 2017 違反報告
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...