スキマ

『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』のレビュー

人鬼と書いて傀。名前と麻雀が滅茶苦茶強いということ以外は正体不明の男が主人公……というよりは傀という人外と関わった人の人間ドラマのような作品です。 絶対に負けない、心理描写も一切書かれない。だから対戦相手が油断したり侮ったり、怯えたり感心したり……という視点で見ることになるんですがその様が見ていて面白い。 何人かは再登場するのですが、その時の周りとの温度差なんかも見ていて面白いです。麻雀に詳しくなくても楽しめる作品化と思います
2018年1月10日
麻雀漫画で初めて面白いと思いました。
2017年12月5日
傀が強すぎです・・・
2017年11月29日
マージャン漫画。バブル時代。巻末の時代考証がなかなか興味深い内容で好き。
2017年10月14日
時代を感じるが、ついつい読みふける
2017年10月12日
主人公のチート技術をまわりが受け入れた前提で話(ドラマ)が進みます。 麻雀知ってる人にはオカルトらしいです。 多分、人気漫画(アニメ)「咲 saki」の原型モデルでしょうね。 「ブラックジャック」「ザ・シェフ」が好きな人には凄くお勧めです。 無口な主人公「傀」が「御無礼」の一言で場を圧倒します。 「ザ・シェフ」が料理版の「ブラックジャック」なら、この作品は麻雀版の「ブラックジャック」です。 味沢シェフの「ニヤリ」がわかるなら、この作品の「御無礼」にも、きっと痺れると思います。
2017年9月18日
主役の傀が強くて格好いい! 謎に包まれているので、かなり読みすすめても、正体が全くわからず、それがまた良いです。 必然的に卓を囲む相手の身の上話等で話が進んで行くが、相手の数だけ話が有るので飽きません。 読んだ中では、往年のスター、小説家、赤ちゃん、安永の若い時と傀が打った話が特に面白かった。
2017年8月25日
イカサマが無いので見ていて気持ちが良いです。
2017年8月16日
かっこいい強過ぎ
2017年8月13日
麻雀漫画は色々ありますがここまで陰鬱な印象の打ち手は少ないでしょう。ですが、だからこそ面白い。
2017年8月5日
レビューフィルタ